Joosuc 「PROPERTY」 和訳

I'm still on my way

노래를 불러 난
歌を歌いながら出発

때로는 바퀴에 못이
時にはタイヤに釘が

박혀도 난 굴러가
刺さっても俺は進む

처음부터 만들었어
最初から作った

없었던 길도
無かった道も

따라가면 되는 지금
ついていけばイイ 今

현실관 완전히 달러 난
現実とは全然違って俺は

먹구름 위를 뚫고 솟은
暗雲の上を突き抜けて昇る

빽빽한 빌딩
鬱蒼としたビル

We livin' in here

사람 냄새 I can't feel it
人の匂い  I can't feel it

어차피 세상엔 영원이란 건 없네
どのみちこの世には永遠というものはない

봐 애플과 삼성에
見てみな アップルとサムスンに

밀려난 소니, 필립스
押し出されたソニー、フィリップス

내 폰에 번호가
俺の携帯に番号が

늘어가는 만큼
増えていく程

인연의 무게는 줄어가
縁の重みは減って

예전의 반쯤
昔の半分

쉽게 등 돌리는
簡単に離れる

조건만 찾는 친구
条件だけを求める友達

지퍼 위에 덧 대어진
チャックの上に重ねて当てた

별 의미 없는 단추
星の意味が無いボタン

늘 원하는 것만을
いつも求める物だけを

얻을 순 없어
得る事は出来ない

제 각각인 블럭들로
俺それぞれのブロックで

나를 쌓아 가야돼
築いていかなきゃならない

어제와 오늘이 모여서
昨日と今日が集まって

바로 내일이 돼
まさに明日となる

이게 내가 가진 모든 재산
これは俺が得たすべての財産

We call it life



My property

나를 값지게 하는
私を大事にする

가장 큰 이유
一番の大きな理由

내가 삶을 살아가고
人生を生きようと

있는 이유 바로 그 이유
する理由まさにその理由

My property

매일 아침이
毎日朝が

아름다운 이유
美しい理由

계속 이 길을 걸어
このままこの道を歩んで

갈 수 있는
いくだけ

바로 그 이유
まさにこれが理由



I used to chase

the perfect life

누구나 원하던 삶
誰もが望む生活

그게 맘대론 안되는 걸
それが思い通りにいかないのを

Life's a bitch

이제 알만큼 알잖아
もう十分わかってるだろう

We can't live twice

시간은 곧 경험이 돼
時間はじきに経験となる

Reality bites

날 돌보는 게 첫 째
俺は面倒を見ることが一番

주위를 보는 게 둘 째
周りを見るのが二番

일반적인 형태 We all
一般的な形 We all

want to maintain

언제나 소중한 건
いつも大事なものを

잊혀져가 쉽게
忘れてしまうすぐ

책에 나오는 기초가
本で出てる基礎が

단순한 비책
単純な秘策

머리가 클수록 난
顔が広いから俺は

자꾸 바빠져
しきりに忙しくなって

살기가 힘들어서
生活が大変で

동창회도 다 빠져
同窓会もすべて抜けて

There's nothing

finer than aged wine

소홀해진 아빠 엄마 동생
疎遠になった 父さん 母さん 弟

모두 소중한 내 가족들이
みんな大切な俺の家族が

다 My property
全て My property

I think I’m blessed

with everything

around me properly

즐길 수 있는 밥벌이
楽しめる稼ぎが

매일같이 해를 볼 수
毎日のように日が見られ

있어 감사해
ていてありがたい

가끔은 쉬었다가 또
たまに休んだりしてまた

달려가는 장거리
走り出す長距離



My property

나를 값지게 하는 가장 큰 이유
私を大事にする一番の大きな理由

내가 삶을 살아가고 있는 이유
人生を生きようとする理由

바로 그 이유
まさにその理由

My property

매일 아침이 아름다운 이유
毎日朝が美しい理由

계속 이 길을 걸어 갈 수 있는
このままこの道を歩んで行くだけ

바로 그 이유
まさにこれが理由



Love, hate We call it life

Good or bad we call it life

기쁨 후회 we call it life
喜び後悔 we call it life

권한이 없는 선택 내게
権限の無い選択 俺に

주어진 전재산
与えられた全財産

Love, hate We call it life

Good or bad we call it life

기쁨 후회 we call it life
喜び後悔 we call it life

권한이 없는 선택 내게
権限の無い選択 俺に

주어진 전재산
与えられた全財産



My property

나를 값지게 하는 가장 큰 이유
私を大事にする一番の大きな理由

내가 삶을 살아가고 있는 이유
人生を生きようとする理由

바로 그 이유
まさにその理由

My property

매일 아침이 아름다운 이유
毎日朝が美しい理由

계속 이 길을 걸어 갈 수 있는
このままこの道を歩んで行くだけ

바로 그 이유
まさにその理由

My property

나를 값지게 하는 가장 큰 이유
私を大事にする一番の大きな理由

내가 삶을 살아가고 있는 이유
人生を生きようとする理由

바로 그 이유
まさにその理由

My property

매일 아침이 아름다운 이유
毎日朝が美しい理由

계속 이 길을 걸어 갈 수 있는
このままこの道を歩んで行くだけ

바로 그 이유
まさにこれが理由



翻訳:DJ MojA

「PROPERTY」はその言葉通り、財産を意味しており、この曲では主に人生を生きて得られる無形の財産について語っている。生きてみて体験するようになる肯定的な部分と否定的な部分全てが『人生 (Life』という範囲内に属し、その過程で得る事となる『経験』を人生の最も大きな財産と描写する。

数多くのヒップホップアーティストと作業をしてきたプロデューサー Assbrassと共に曲を制作し、フィーチャリングアーティストとして샛별 (セッピョル)が参加した。

90年代後半のHIPHOP音楽の情緒を感じることができるレトロなドラムサウンドが引き立った Esbeeが作り出したメロディーラインはリリックと共に曲のテーマによく溶け込んでいる。

Joosuc (パク ジュソク)
生年月日:1978年10月30日
所属事務所:Korea Music Group





すべての音楽的作業を自らコントロールするト-タルア-ティストで
ヒップポップシーンでは彼をオールラウンドプレーヤーと呼んでいる。
98年、韓国初のヒップホップライブクラブ『マスタープラン』でソロデビュー。
アルバムを発表する前からヒッポホップ系のネット人気投票で1位を記録するなど
大衆的な期待を受ける一方、2000年発売されたオムニバスアルバム『2000大韓民国』に
自らプロデュースした曲で参加、一番期待の新人として脚光を浴びながらメジャーデビュー。
2000年11月EP『Only the Strong Survive』、2001年9月メジャー初正規アルバム
『Beatz 4 da Streetz』を発売し多くのファンを生み出した。
2002年7月には『Welcome to the Infected Area』を発表。

幼い頃日本に住んでいた経験のために日本語が流暢で、日本のアーティストとの交流もたまにしている。
MTVのVJとしても活躍していた99年には来韓した日本アーティストDJ KRUSHとの共演を切っ掛けに
その夏、東京新宿リキッドルームでの公演にスペシャルゲストとして参加。
日本ヒップホップシーンで韓国語ラップを披露した最初の韓国アーティストとなる。
この時に出会った数々の日本のアーティスト達と交流を始め
レギュラーアルバムではZEEBRA、OZROSAURSのMACCHOなどとコラボレーションを行なった。
2001年にはソウルを始め台湾、香港、日本の東京、大阪、名古屋、横浜などのクラブで
ローカルのアーティスト達と共にアジアツアーを成功的に行なった。
その後も香港のDJ TOMMY、台湾のMC DOG-Gなどのアルバムにラッパー又は
プロデューサーとして参加、幅広い働きを見せた。

韓国内ではアルバムの発表はもちろん音楽テレビ番組MnetのMCを始め
MBCの短幕ドラマに役者としてカメオ出演、ナイキのグローバルキャンペーンにラッパーとして参加
マクドナルドのグローバルキャンペーン『I'm Lovin' It』の韓国モデルと
広告・音楽にも韓国アーティストを代表して参加するなど意欲的な活動を行なった。

ファッション方面にも興味深く2001年自らアパレルブランド『Blood Brovas』をプロデュース。
2003年11月『Superior Vol.2 : This iz my life』を発表。
2005年8月に発表された4番目の正規アルバム『Superior Vol.2 : Seoulcity's Finest』から
「Hiphop Muzik」がMTV JAPAN VMAJのアジア部門にノミネートされ
東方神起と共に韓国代表として参加した。
この曲はその月の全国放送順位1位を達成するなどキャリア最高の成績を勝ち得る。
その後、アメリカの名高いヒップホップアーティストJAY-Zの来韓ライブにてオープニングステージの
メインアーティストとして出演、様々な動きを見せるが兵役のため活動に制約を受け空白期に入る。
この時期にMighty Mouthなどの新人を発掘、プロデュース業をこなしながらも
2010年8月6番目のアルバム『All or Nuthin’』をリリース、シーンに復帰し新たな一歩を踏み出した。
T-ARA, 超新星、FOCUZなどのアイドルやユンナなどのアーティストの作詞活動も行い
2012年12月ミニアルバム『5 Point 5』を発表し、2013年『Finest Records』を設立。
2016年4月Korea Music Groupと専属契約を結んだ。

Web Site http://blog.naver.com/jaycee78
Twitter https://twitter.com/Joosuc78
Facebook https://www.facebook.com/joosucofficial/
Instagram http://instagram.com/joosuc_